風俗嬢との危険な情事

何気にいつも楽しいのがピンサロ

ピンサロに通い始めたのは、安さからでした。これはきっと自分だけではないとは思いますけど、やっぱりピンサロって他の風俗と比べると安いじゃないですか。それで通い始めてみたんですけど、今では一番好きな風俗になったかもしれないですね。毎回楽しいんですよ。それにピンサロほど、「どんな店舗なのか」が大切な風俗もないんじゃないかなって。シートなのか、それともフロアなのかとか、どんな座席タイプなのかや、周囲との距離感などいろいろなものがあるじゃないですか。それらってやっぱりとっても貴重な物だと思うんですよね。だからピンサロに行く時には女の子よりも、むしろ「どんなピンサロなんだろう」という期待感の方が強いんです。それを確かめたうえで、快感に浸れるんです。これが出来るのはピンサロだけと言っても過言ではないだけに、自分にとってピンサロはこれ以上ないほど貴重なジャンルになっているんです。それであの値段…最高ですよ。

女の子と何を話せば良いのか分かってきた

風俗の楽しさは、女の子との距離感だって言われているじゃないですか。確かにそれは間違いではないと思うんですけど、でも実際の所、それだけではないのも事実と言うか、むしろ風俗では自分のこともある程度話した方が良いのかなとか、ナンパじゃないんだし何を話すのも自由なんじゃないかとか、考えれば考えるほど、何を話せば良いのかよく分からなくなってくるのも事実。でも、自分自身風俗でたくさん遊ぶようになってきて、何を話すべきなのかや、逆に話してはいけないことも何となくですけど分かった来たような気がするんですよね。そういったことを含めて、やっぱり風俗では相手とのコミュニケーションが大切ですけど、やみくもに話せば良いって話ではなくて、どんなことを話すのかも含めて、しっかりと考慮しておかなければならないことなんだなってことに気付かされますよね。むしろそこをしっかりと考えることによって、女の子との距離感が変わるかなって。