風俗嬢との危険な情事

調べすぎないようにしているんです

前もってどれだけのことを調べられるのかもまた、風俗で失敗しないための方法だとは思うんですけど、ただ調べる過ぎるとそれはそれで刺激そのものを薄めてしまうので、あまりよくないんじゃないかなって気持ちにもなるんですよね。だから風俗では、ある程度までは調べますけど、調べすぎないようにも気を付けています。例えば風俗嬢のプロフ。画像くらいは見ますけど、細かいプロフは見ないようにしています。それらを見ると、自分の想像力が介入する余地が無くなっちゃうじゃないですか。それは個人的には勿体ないって言うか、その想像力と実際の女の子との差分を楽しむのもまた、風俗の面白さなんじゃないかなって思っているので、あまり調べすぎないよう気を付けています。多少なりとも自分の想像力が介入する余地を残しておくこともまた、大切なことなんじゃないかなって思うんですよね。それらも含めて、自分なりにいろいろと考えつつ楽しもうって考えています。

ようやく分かってきたとある事実

自分自身、ようやく分かってきたことがあるんです。それは決して難しいことでもなんでもないんです。風俗は自分の意思表示が大切だなって。何をしてもらうのか分かっているジャンルであればまだいいんですよ。性感マッサージとかピンサロとか。そこではもう何をするのかっていう選択肢がそこまで幅広い訳じゃないんです。それはいいんです。でも、ヘルスとかデリヘルの場合、プレイに関しては無限の可能性があるじゃないですか。そこで風俗嬢任せにしていては、さすがに女の子だって何をしてよいのか分からないでしょうね。だから「お任せします」ではなくて「自分はこれが好きなのでお任せします」といったように、何が好きなのかとか、どういったプレイが好きなのかくらいは最低限伝えるべきですし、伝えてからお任せにすべきかなって思うようになりましたね。本当に些細なことだと思いますけど、でもそれによって自分の満足度は確実に変わるので、意思表示は大切ですね。